忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フェラガモ:FERRAGAMO

創始者、サルヴァトーレ・フェラガモは僅か9歳にしてイタリア靴職人としての技術を習得し、15歳で渡米し、
 
その後ハリウッドで映画衣装用の靴を作るとゆうチャンスを与えられる。当時、既に靴の製造は機械による生
 
産に移り変わっており、映画俳優たちの足に合わせて一つ一つ作る作業はひじょうに面倒なことであり、ビジ
 
ネスの観点からみると敬遠されても致し方ない事であった。折しも、フェラガモの機械生産ではなく、履く人
 
の足にあわせハンドメイドにより一つ一つ丹念に作るスタイルが、そのような状況にあてはまり、靴作りを任
 
されることに繋がったのだ。オードリー・ヘッブバーン、メアリー・ピックフォードやマレーネ・ディートリ
 
ッヒ、ルドルフ・ヴァレンティノ、チャールズ・チャップリンなど大物俳優たちの靴を手掛ける事により、ス
 
ターの靴職人としてフェラガモの名はアメリカ中に広がっていった。その後、フェラガモはイタリアに帰国し
 
フィレンツェに靴工房を開くが、アメリカの急速な需要低下による影響を受け倒産。しかし、僅かそれから2年
 
後の1935年に会社再建、イギリス、フランス等への輸出需要に成功し、売り上げは右肩上がりに上昇し37年に
 
はなんと、スピーニ・フェローニ宮殿(現在、サルヴァトーレ・フェラガモ博物館)を購入出来るまでに達した
 
。フェラガモがここまで靴ブランドとして世界的に成功した要因には、外観デザインのみならず、履き心地の
 
良さを重要視していた事が挙げられる。それは、たとえ王妃であろうと靴を脱がせ、自らの手により採寸し、
 
足の形や特徴をつかんだ後にはじめて木型をつくるといった、ひじょうに手の込んだ工程を経ており、人間工
 
学に基づき足の骨格、履いたときの重心の位置など、徹底的に研究を重ねた末に得たノウハウを駆使し、靴の
 
内構造と外観上の美しさを高次元でバランスしたことにより、壮観な眺めと履いたときの感動を提供したので
 
ある。1960年、創始者サルヴァトーレ・フェラガモ死去。その後、ワンダ夫人、6人の子供たち、その孫たちが
 
後継者となり、靴以外にも、レディース、メンズのプレタポルテ(既製服)やバック、香水なども手掛け、総合
 
ブランドとして成長を遂げる。1996年には“エマニュエル・ウンガロ”を買収。現在、靴の生産は機械生産に
 
移行したが、サルヴァトーレ・フェラガモの靴を作るうえでの重要コンセプト、高いデザイン性と、履き心地
 
の良さは、今尚しっかりと受け継がれている。フェラガモ・ブランドの特筆べき点は、このような事以外にも
 
、アイテムの価格設定の取り方などがある。ブランド価値により、高額を付けるのではなく、あくまで品質に
 
対しての妥当な値段設定をおこなっており、イタリアの職人としての誇りや、顧客満足度を重要視しているこ
 
とが理解でき、これらの事が世界有数の一流ブランドとして絶大なる信頼感を勝ち得ている要因となっている
 
のだ。
PR

インカント チャーム(オーデトワレ・女性用)

サルバトーレ.フェラガモはナポリに近いポニート村で生まれました。フェラガモは靴職人に憧れ11歳で既に
 
自分の店を構え、天才的な靴作りのセンスでその名が知れ渡りました。香水は1997年に発売開始しました。「
 
インカント チャーム」のトップノートは、幸せに満ちあふれたパッションフルーツ、爽快なハニーサックルで
 
す。カラフルな異国情緒を感じることでしょう。ミドルノートの優しいジャスミンの花びらが、官能的にオス
 
マンローズを包み込み、穏やかな深い魔法の旅へと導きます。ラストノートでは、心地よいアミリスウッドに
 
包まれ、ムスクの柔らかいベールで、光り輝く太陽のもとで目覚めることでしょう。五感がまるで魔法をかけ
 
たかのように魅了され、日々の喧騒から心を解き放たれます。とても甘い香りで若い人には特に受けが良いの
 
ではないでしょうか。甘い香りがお好きな方にはおすすめです。ボトルも可愛くて空になっても飾っておくの
 
に良いですね。トップ :パッションフルーツ、ハニーサックミドル :ジャスミン、オスマンローズラスト :
 
アミリスウッド、ムスク
 

インカント プールオム エッセンシャル(オーデトワレ・男性用)

サルバトーレ.フェラガモはナポリに近いポニート村で生まれました。フェラガモは靴職人に憧れ11歳で既に
 
自分の店を構え、天才的な靴作りのセンスでその名が知れ渡りました。香水は1997年に発売開始しました。「イ
 
ンカントプールオムエッセンシャル」は、超現代的な男性らしさを表現した香水です。この魅力的な香りは、弾
 
けるようなユズの香り、アロマティックなローズマリー、クリスピーなグリーンサップの調和で始まり、バイ
 
オレットリーフとスパイシーコリアンダーのミドルへ移ります。そして、ラストノートは忘れがたい官能的で
 
魅惑的なシダーウッド、サンダルウッド、ムスクの香りに包まれます。トップ:ユズ、ローズマリー、クリス
 
ピーサップミドル:バイオレットリーフ、コリアンダーシードラスト:シダーウッド、サンダルウッド、ムス
 

パルファム サブティール(オーデパルファム・男性用)

サルバトーレ.フェラガモはナポリに近いポニート村で生まれました。フェラガモは靴職人に憧れ11歳で既に
 
自分の店を構え、天才的な靴作りのセンスでその名が知れ渡りました。香水は1997年に発売開始しました。「サ
 
ルヴァトーレ フェラガモ パルファム サブティール」は情熱と洗練から生まれた、個性的で光り輝く香りです
 
。このトップノートは、チェリーとみずみずしいフルーツで香りを奏で、オレンジフラワーウォーターのタッ
 
チが加えられています。そして、まるで地中海の太陽の下にいるかのように、甘く情熱的なスズランやジャス
 
ミンが花開き、チューリップやレッドリリーの繊細な官能性が織り込まれてゆきます。ラストノートでは、包
 
み込むような温かさのある神秘的なムスクの香りへ変化します。トップ:チェリー、ウォーターフルーツ、オ
 
レンジフラワーウォーターミドル:チューリップ、ジャスミン、レッドリリー、スズランラスト:ムスク

フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO) のブランド情報

・1927年に創立したイタリアのシューズブランド。・創立者はサルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore 
 
FERRAGAMO)。・サルヴァトーレ・フェラガモはイタリアに生まれる。11歳の時、イタリアのボニートに靴屋を
 
開業。15歳でアメリカに渡り、ハリウッド女優の靴の作成を手掛け、「スターの靴職人」と称される。・1927
 
年、イタリアに戻り、フィレンツェに「サルヴァトーレ・フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」をオープン。
 
・1947年、ファッションに多大なる貢献をした人物として、ニーマン・マーカス(Neiman Marcus)賞を受賞。
 
・ウェッジソールを考案する等、サルヴァトーレ・フェラガモの功績は大きい。・1958年、サルヴァトーレ・
 
フェラガモの次女であるジョヴァンナ・フェラガモが初のレディースウェアコレクションを発表。・1965年、
 
メンズシューズの展開をスタート。・2003 S/S より 2008 S/S まで、グレエム・ブラック(Graeme BLACK)が
 
レディースウェアのチーフデザイナーを務めた。・2003年5月、東京・銀座にフェラガモ銀座店をオープン。・
 
2005年、マッシミリアーノ・ジョルネッティがメンズウェアラインのデザイナーに就任。・マッシミリアーノ
 
・ジョルネッティは1971年、イタリアに生まれる。フィレンツェのデザイン学校であるポリモーダでファッシ
 
ョンデザインコースを専攻。卒業後、アントン・ジュリオ・グランデ社に入社。2000年、サルヴァトーレ・フ
 
ェラガモ・イタリア社に入社。・2006年、歴史的アーカイブからの復刻ラインである「フェラガモズ・クリエ
 
ーションズ」をスタート。・2008-2009 A/W より、クリスティーナ・オルティス(Cristina ORTIZ)がレディ
 
ースウェアのチーフデザイナーを務める。・クリスティーナ・オルティスはスペインのカナリア諸島に生まれ
 
る。86年、エコール・ドゥ・ラ・シャンブル・サンディカル・ドゥ・ラ・クチュール・パリジェンヌ(Ecole 
 
de la Chambre Syndicale de la Couture Parisienne)でファッションを学び、94年から97年にプラダ(PRADA
 
)のレディースウェアラインのデザインディレクターを、97年から2001年までランバン(LANVIN)のレディー
 
スウェアラインのクリエイティヴ・ディレクターを務めた。2002年から2年間、プラダグループ(PRADA GROUP
 
)やマックスマーラグループ(MaxMara GROUP)でフリーランスのクリエイティヴ・ディレクターとして活動。
 
2006-2007 A/W より、ブリオーニ(Brioni)のレディースウェアラインのクリエイティヴ・ディレクターを務
 
めた。・2008年、トライデント・インターナショナル・ホールディングス(Trident International Holdings
 
)と業務提携し、同社がドバイに建設中の高級住宅である「ペントミニアム」内のペントハウスのインテリア
 
デザインを手掛ける。・2010年4月22日、東京・六本木のけやき坂通り沿いに直営路面店である六本木ヒルズ店
 
をオープン。総売場面積は約260平方メートル。・2010年、新ラインである「マイ・フェラガモ」を発表。
 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R